So-net無料ブログ作成

<口蹄疫>感染拡大で肉用子牛取引6割減 価格は1割上昇(毎日新聞)

 5月に全国で取引された肉用子牛(黒毛和牛)の頭数が前年同月より63%減の1万3363頭にとどまったことが、独立行政法人農畜産業振興機構のまとめで分かった。口蹄疫(こうていえき)の感染拡大を背景に、取引頭数が全国の6割を占める九州・沖縄地方で、大半の家畜市場が取引を停止したため。価格も1割近く上昇しており、将来的には高級牛肉の小売価格に反映される可能性がある。

 機構によると、最初の感染例が見つかった4月20日以降、九州・沖縄から中国地方の一部で取引を見合わせる市場が相次ぎ、取引があった市場数は39カ所と、前年同月の82カ所から大きく落ち込んだ。

 一方、5月の1頭当たり平均価格は前年同月より8・7%高い38万6018円となった。景気回復に伴う需要増で昨年後半から続いていた上昇基調に、口蹄疫による供給減が拍車をかけた。

 機構は「子牛の生産を増やすには、まず母牛の調達などが必要で時間がかかる」としており、当面は供給不足が続きそうだ。【行友弥】

はやぶさ 回収カプセル、18日日本へ 未開封でCT撮影(毎日新聞)
<普天間>日米声明踏襲 首相、沖縄知事と初会談(毎日新聞)
荒井国家戦略相「事務所費は議員会館での経費」(読売新聞)
<沖縄公庫>ずさん融資 転用未許可農地ホテル建設に8億円(毎日新聞)
党首会談を拒否=政府・与党(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。