So-net無料ブログ作成

顧客情報でインサイダー容疑、元銀行員逮捕へ(読売新聞)

 あおぞら銀行(東京都千代田区)の融資審査部門に所属していた男性元行員が2008年頃までに、顧客企業の内部情報を悪用してインサイダー取引を行っていた疑いが強まり、東京地検特捜部は22日、金融商品取引法違反容疑で元行員の取り調べを始めた。

 元行員は数百万円の不正な利益を得ていたとみられ、容疑が固まり次第、逮捕する。銀行員が在職中に行ったとされるインサイダー取引の摘発は、02年に東京三菱銀行(当時)の元行員が事前に入手した株式公開買い付け(TOB)の情報をもとに上場企業の株式を買い付けたとして、在宅起訴されたケース以来となる。

 捜査関係者によると、元行員はあおぞら銀行本店に勤務し、各支店から持ち込まれる顧客企業の融資案件について、信用や担保価値をもとに、融資を行うかどうか審査する業務に携わっていた。その過程で08年頃までに、担当していた上場企業の財務状況や業績にかかわる内部情報を入手し、こうした情報が公表される前に、知人名義の証券口座で株を売買し、数百万円の不正な利益を得ていた疑いが持たれている。元行員はこれまでの調べに容疑を否認しているという。

 同法は、会社関係者や、会社関係者から情報を得た人などが、企業の公表前の内部情報をもとに株を売買することを禁じている。金融機関は、融資契約を通じてこうした企業情報を直接入手出来る立場にあることから、審査を担当していた元行員は、同法の「会社関係者」に該当するとされる。

 特捜部は、元行員が立場を悪用した極めて悪質なインサイダー取引との疑いを強めており、強制捜査によって全容解明を図る必要があると判断したとみられる。

 また、元行員は当時、約40社の株を売買していた。証券取引等監視委員会は昨年6月、元行員が同行の融資先が予定しているTOB情報をもとにインサイダー取引を行った疑いがあるとして、同法違反容疑で同行本店などを捜索。特捜部と監視委は、元行員がほかにも複数の銘柄でインサイダー取引を行っていた疑いがあるとみている。

 元行員は今年2月、同行を退職している。

石綿 中皮腫死の教員に労災認定 学校での被害認定は初(毎日新聞)
「ペット火葬せず別の骨」詐欺容疑で再逮捕へ(読売新聞)
就任2カ月で副市長辞任、市政混乱で引責 大阪・守口(産経新聞)
消火器投げ込み 宝塚の教会でも(産経新聞)
ES細胞で動脈作られる仕組み発見 京大研究チーム(産経新聞)

<雑記帳>三浦春馬と青森をPR CMヒロインを募集(毎日新聞)

 三浦春馬が、君に恋をします−−。JR東日本が女性に人気の俳優、三浦春馬さん(20)と共演し青森をPRするCMヒロインとして、青森県にゆかりある女性を募っている。

 12月上旬の東北新幹線新青森駅開業に向け、同県で実施しているキャンペーンの一環。県在住や県出身、居住歴のある15〜22歳の女性を対象に5月14日まで募り、面接などを経て6月上旬に1人を選ぶ。

 ヒロイン決定後は青森以外でのPRへの起用も予定。秋田美人などと比べ知名度は低いものの、津軽りんごのような紅の差した色白のほおが魅力とされる「青森美人」が全国を魅了するかも。【矢澤秀範】

【関連ニュース】
三浦春馬:佐藤健とのNY旅行のDVD、初週5位 日本人俳優アイドルイメージ作品最高
小栗旬:マンション購入?「シューシュー」 妻夫木、瑛太、春馬と再集結「uno フォグバー」
ブラッディ・マンデイ:シーズン2初回視聴率9.5% 「左目探偵EYE」は8.5%
注目ドラマ紹介:「ブラッディ・マンデイ」 人気サスペンスのシーズン2
三浦春馬:「10代の集大成に」 “国家テロ対策会議室”で「ブラッディ・マンデイ」会見

博多湾の女性胴体、諸賀さんと判明(読売新聞)
だれでも参加「熟議カケアイ」の場…文科省HP(読売新聞)
全国唯一の「税の学習施設」がリニューアルオープン 東京都台東区(産経新聞)
<1Q84>朝からファン、書店「ありがたい話題」 名古屋(毎日新聞)
橋下氏市長選「出馬」発言に平松市長「的外れ…」(読売新聞)

福祉・医療貸付の継続で意見分かれる−厚労省内事業仕分け(医療介護CBニュース)

 厚生労働省が4月19日実施した「省内事業仕分け」は、独立行政法人(独法)「福祉医療機構」が対象になり、同機構の社会福祉法人や医療法人への貸付事業について、独法で継続すべき事業かどうかで意見が分かれた。同機構の事業で、年金を担保に融資する年金担保貸付に関しては、年金担保融資と生活保護を繰り返す事例が多発していることから、制度の見直しを求める声が聞かれた。

 この日の議論に先立ち、同省事業仕分け室は、福祉・医療貸付事業について、「日本政策金融公庫に移管することはできないか」と提起した。これを受け、仕分け人から政策金融公庫との役割の違いを問われた同機構は、「政策金融公庫は、融資期間が5年から7年で運転資金。私どもは20年程度の期間で施設整備に融資をしている」(長野洋理事長)と述べた。また同理事長は、融資の判断として「地域医療の質を高めるかどうかの視点も重視している」と強調した。

 このほか、福祉・医療貸付事業について仕分け人からは、「政策的な金融は必要不可欠だ」(河北博文・河北総合病院理事長)との声や、「社会福祉法人だけ優遇しているのではないか」(菊池馨実・早稲田大学法学学術院教授)などと意見が分かれた。

 事業仕分け後、長野理事長は記者団に対し、「政策金融公庫との統合・合併ということになると、福祉と医療が埋没してしまう。福祉と医療に(融資する)専門機関を強化すべきだと思う」と述べた。

 年金担保融資に関して、長妻昭厚労相は「廃止を含め、融資制度を検討していく」との考えを改めて強調した。同省は、年金担保融資を利用し、返済中に生活が苦しくなり生活保護を受給する事例が、4908人で貸付件数の2.3%、年金担保融資と生活保護の受給を繰り返し行う事例が786人で同0.4%であることを明らかにした。


【関連記事】
労働者健康福祉機構の伊藤理事長は「今年中に交代に」−長妻厚労相
「独法管理部門のチェック機能は甘い」―省内仕分けで長妻厚労相
厚労省内事業仕分け、協会けんぽなど対象に―月内予定を発表
厚労相「無駄ない、との信頼を」―省内事業仕分けスタート
省内事業仕分け、公開へ―厚労省

<ライター事故>1人死亡…04〜08年度、独法に通知(毎日新聞)
防災担当相が桜島視察(産経新聞)
<郵便不正公判>村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定(毎日新聞)
<長妻厚労相>存在感陰り 派遣法・年金、目立つ手堅さ(毎日新聞)
ツヤツヤイチゴをどっさり乗せて イチゴのタルト(産経新聞)

タイで銃撃の村本さんの遺体、家族のもとに(読売新聞)

 【バンコク=田原徳容】タイ・バンコクでデモ隊と治安部隊との衝突を取材中に銃撃を受け死亡したロイター通信の村本博之さん(43)の遺体が12日、警察の司法解剖を終え、家族に引き渡された。

 在タイ日本大使館によると、家族5人のうち女児2人を除く3人が警察病院で村本さんと対面。その後、小町恭士駐タイ日本大使と面談し、宿泊先などに残された村本さんの遺品を回収した。家族は13日に帰国する予定。

<日弁連>派遣法改正案の問題点指摘…参院議員会館で集会(毎日新聞)
郵政改革法案、20日ごろ概要公表=亀井担当相(時事通信)
<ライター事故>1人死亡…04〜08年度、独法に通知(毎日新聞)
核兵器全面禁止の協議を=米ロ軍縮条約調印で声明−原水協(時事通信)
新党、5人確保=10日に旗揚げ会見−平沼氏ら(時事通信)

<高速道路>本四連絡道の上限料金設定を批判…仙谷担当相(毎日新聞)

 仙谷由人国家戦略担当相は10日、高速道路の新たな料金制度で、本州四国連絡高速道路の上限料金が他の高速よりも1000円割高になっていることについて「こんな極端な話はあり得てはならない。『四国処分』のようなことは許されない」と批判した。徳島市内のホテルで記者団に語った。

 仙谷氏は「今日初めて知ったような話で、いろんな観点から前原誠司国土交通相に注文を付けたい」と述べ、見直しを求める意向を示した。

 前原氏が9日発表した新制度では、平日・休日ともに原則として普通車は2000円、軽自動車は1000円が上限。ただ、本州と四国を結ぶ本四高速はフェリー業界の不振に配慮し、普通車3000円、軽自動車2000円となった。【深尾昭寛、青木純】

【関連ニュース】
高速割引財源:道路建設転用は1.3兆円 政府方針
高速道新料金:夜間・通勤3割引きに…激変緩和で年度内
高速料金:エコカー割引新設を検討 軽と同程度 国交省
個所付け:直轄国道の休止は1カ所 140路線で事業継続
高速道路:上限料金制度を正式発表 割引廃止で実質値上げ

大賞は「ヒッチハイクで春つかむ」=ハッピーニュース2009−新聞協会(時事通信)
関東に“嵐”、通勤の足などに乱れ(産経新聞)
熊本県知事が水俣病未認定患者救済で謝意(産経新聞)
「変形労働時間制」残業代未払いで無効判決(読売新聞)
高杉晋作記念館、遺品展示できず…ひ孫が断る(読売新聞)

かわいい孫には大奮発?入園・入学祝いの平均3万8千円也(産経新聞)

 小学校に入学したり、幼稚園に入園したりする子どもにお祝いをあげる予定の人のうち、60代の平均予算は3万8千円で、ほかの年代の約3倍に上ることが「住信SBIネット銀行」(東京都港区)のネット調査で分かった。

 調査は3月12〜16日、子どもにお祝いを贈る予定の人の予算を聞き、20〜60代の2115人から回答を得た。入園祝いと小学校入学祝いの場合、20〜50代は約1万1千〜1万6千円。60代は3万8千円で奮発ぶりが際だった。

 入学祝いの全年代の平均は約2万5千円。中学が最少で約1万8千円、大学が最高で約4万5千円だった。担当者は「かわいい孫の晴れ舞台に、出費を惜しまないおじいちゃんやおばあちゃんが多いのでは」とみている。

【関連記事】
子ども手当、自治体に外国人の問い合わせ殺到
無償化と子ども手当 疑問多い外国人への支援
子ども手当 仙谷氏、給食費差し引き検討
子ども手当 外国人タレントから疑問続々「母国に子供いてラッキー」
それでも私立を選ぶ…さまざまな理由

自民党、舛添氏に参院選の選対本部長代理を要請へ(産経新聞)
民主静岡県連 2人目擁立見送り 党方針に反旗 参院選(産経新聞)
金星探査機 「あかつき」打ち上げのH2Aロケットを公開(毎日新聞)
「おごり一掃」「信頼回復」…入社式、再生託す(読売新聞)
「復活の成否は不撓不屈の一心」日航入社式(読売新聞)

共有ソフトで洋画配信=62歳男逮捕、監視システムで初−京都府警(時事通信)

 ファイル共有ソフト「シェア(Share)」を使って洋画をインターネット上に流したとして、京都府警ハイテク犯罪対策室などは31日、著作権法違反の疑いで、無職佐藤盛二容疑者(62)=静岡県裾野市千福が丘=を逮捕した。府警によると、容疑を認めているという。
 警察庁が1月に正式運用を始めたファイル共有ソフト監視システムを利用した初の摘発例。
 逮捕容疑は昨年12月20日午後4時ごろ、映画「アバター」を、3月11日午後11時ごろには、映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」を、シェアを使って不特定多数のインターネット利用者が閲覧可能な状態にした疑い。 

【関連ニュース】
「桃鉄」キャラを無断使用=風俗店経営の男を書類送検
ファイル共有ソフトで音楽公開=著作権法違反容疑、男逮捕
ソフト違法公開で1億円賠償=豪男性が任天堂と和解
ファイル共有ソフトで映画=ネットカフェ店長を逮捕
シェアやウィニー、常時調査=流通ファイルの実態把握

首相、普天間移設案は「腹案すでに用意している」(産経新聞)
国松警察庁長官銃撃事件の時効成立(読売新聞)
首相動静(3月22日)(時事通信)
足利事件に関する警察庁報告書の概要(読売新聞)
産経志塾「立派な日本人が日本をつくる」(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。